ルーツ

圧縮キャリアが出来るまで
Sponsored Link

ルーツ

ここ6年、初めて会った方々に自分の考え方や行動基準のルーツを話す機会が多い。
なので自分の中ではどのエピソードで驚かれて興味を得られるのかは概ね定型化してしまっているが、今日は今までよりも更にそのもう一段深い部分について質問されたのでハッとした。

考え方や行動基準のルーツは祖父。
今思っても改めてやはり凄かったんだなと思う。
戦争を経験しているだけでも凄いと思うけれど、焼け野原の何もなかったところから裸一貫で築き上げたその姿勢と行動は凄かったんだろうなと。

当時の日本にはそういった人が他にもいて、高度経済成長に支えられたと表現されてすまされることが多いような気がするけれど、それらはこういった人たちが作り上げてきたわけであって、焼け野原の敗戦後の状況は今の自分達の置かれている環境と比較にならないわけで、もはや想像を絶する世界。

なので子供ながらに祖父の言葉は重かった。
未だにもっと多くの色んなことを話ししておけばよかったと思う。

今も当時も聞かれることが多いのは「なぜ起業したんですか?」という質問。
これには『起業は当たり前ではない』という前提があるからだと理解している。

しかし祖母は会社を辞めて自分で会社を興したときは「自分で商売するんか、そうか頑張りなよ」と言われ、当時の人なら事業を興すのは当たり前の感覚だったんだなとそのとき感じた。

環境という前提が違うからそういった感覚の違いが生まれるのは当然だからこそ、ちゃんと受け継げたのは良かったと思う。

久しぶりにノスタルジーに浸った。
Sponsored Link

カテゴリ

コンテンツ

名前:大垣伸悟
学歴:立命館大学→慶応義塾大学→東亜大学大学院
設立・運営しているリーグ:全国軟式野球リーグG-LEAGUE
開発したWEBアプリケーション:リアルタイム野球スコア管理システム
twitterJ_A_Y_G
own.jpg 16歳で単身渡米した後、アメリカプロ野球選手野球 http://azneyland.55street.net/baseball/history/2003.htm ⇒エージェント(野球選手時代の後半に並行して) ⇒教師(情報システム系) ⇒ソフトウェア製品企画開発(日本シェアbPの大企業向けERPパッケージ製品) ⇒人事 ⇒採用広報(ついに海外にまで採用活動進出。日本最大級のインターンシップを開催する採用といえば・・・)  http://job.yomiuri.co.jp/news/special/ne_sp_08072201.cfm  採用として私が企画運営した横浜FCとのスポーツビジネスもののインターンシップが記事になっていました ⇒そして現職へ 世界の底辺から這い上がり、苦痛の時期を経験し、今やっとこうして何とか生きています。 北米10都市を回って、NYマンハッタン、LA、などでも活動。 ※大学・大学院も全て飛び級