開発者が1人と2人以上との違い

圧縮キャリアが出来るまで
Sponsored Link

開発者が1人と2人以上との違い

最近強く思う事がある。
開発をし続ける場合、1人なのか2人以上なのかでは大きく状況は違うということについてだ。

今のうちは基本的に社内外向けのサービス(WEBサイトなども含む)を自分一人で設計・コーディング・テストを行っている(一部PCブラウザ向けの画面のコーディング作業部分のみ外部の協力者に依頼しているところもある)が、前職では複数人での作業分担が基本であった。とは言ってもモジュール毎に切り分けられていたので、DBのテーブル設計などで意見をすりあわせる程度で内部にまで踏み込んで話し合うことはあまりなかった。なので出荷前のテストのみ別の担当者に渡すという感じだったが、それでも仕様に関する相談や説明・情報共有などは当然必要だった。

しかし今は自分一人なので、相談や情報共有などは皆無に等しい(未来の自分への備忘としてメモを残すことはあるが)。
その分、実作業に時間を使えるので、人数あたりの開発スピードは当然速い。
と思われがちだが、実はそう単純でもない。

5人と10人とでは当然コミュニケーションコストが違ってくるので、人数は少ない方がいい。
しかし1人と2人とでは全く性質が異なる状況差異がある。

それは方向感と発見率に関してである。

小さく作ってテストして確認して設計と比較してまた小さく作り出すというサイクルを回しながら開発作業を行っていくが、1人だとついついこのサイクルのワンステップのサイズをついつい大きくしてしまう傾向にある。テストの前に作りすぎてしまうのである。
もう少し大きく作ってまとめてテストした方が効率的かなとかつい思ってしまったりする。テストするのも自分だからである。

それでうまくいっているときはいいが、いつもうまくいくとは限らない。
テストが通らない、あるいは思った結果が出ない、あるいは最悪だがテストが不足しているということが起った場合、ドハマりする。

そして誰とも相談をしないということはここで響いてくる。
心が折れるというよりも、徐々に緩やかに萎びていくのである。
そしてどのくらい開発スピードが落ちていっているのかの意識が薄いので、徐々に徐々に遅れていくので結果的にこのときに著しく開発スピードが落ちてしまう。
そして小さくテストできるサイズに切り分けて乗り越えて、今度から小さく作ろうと胸に誓うも、そのうちまた徐々に大きくなってしまう。

結果、3年程これが続いたことになる。
そしてなんと今日、これを克服する方法を見出した。

それは、他のプログラマの方の哲学を読む、あるいは先人プログラマの方の葛藤やアドバイス書を読む、ということでテクニカル面を含んだ擬似的な相談を行うこと。

15才からプログラミングを始めたが、コードに関してチームで相談するような経験は25才で前職に転職するまでほとんどなかった。コードの書き方はオープンソースのコードから学んだ。

そしてその前職での経験すらも1年間だけなので、その1年は本当に良い勉強になった。受託開発ではなく、機能仕様から考えるパッケージ開発だったのも良かった。

しかし今、曲がりなりにも経営者となり、コードを書くために使える時間はどんどん減っている。プログラミングについて考えるための時間もどんどん減ってきている。

それはそれで経営者として必要な知識と経験を得られているのでプラスになっているのだが、より限られた時間で以前よりも開発スピードを上げながらサービスをリリースすることにも挑戦しなくてはならない。

他のプログラマの方の哲学や、あるいは先人プログラマの方の葛藤やアドバイスが、これほどまでに強く参考になったと感じたのは初めてだった。

願わくばもう一人開発者に来てもらいたい。
これは弱音ではなく、もっとトルクを上げるために、私と同等かそれ以上の権限を持って共に作り続けられる人物にジョインしていただきたい。

とは言え、いきなりそうなるわけではないので、当面はどんどん減っていく限られた開発作業時間で以前よりも開発スピードを上げながら作り続けることに挑戦したい。

これはスタートアップフェーズの企業では多い状況ではないかとは思うが、その中で生存していくか否かの大きな要素でもあるんじゃなかろか。どだろか。

We should survive.

Sponsored Link

カテゴリ

コンテンツ

名前:大垣伸悟
学歴:立命館大学→慶応義塾大学→東亜大学大学院
設立・運営しているリーグ:全国軟式野球リーグG-LEAGUE
開発したWEBアプリケーション:リアルタイム野球スコア管理システム
twitterJ_A_Y_G
own.jpg 16歳で単身渡米した後、アメリカプロ野球選手野球 http://azneyland.55street.net/baseball/history/2003.htm ⇒エージェント(野球選手時代の後半に並行して) ⇒教師(情報システム系) ⇒ソフトウェア製品企画開発(日本シェアbPの大企業向けERPパッケージ製品) ⇒人事 ⇒採用広報(ついに海外にまで採用活動進出。日本最大級のインターンシップを開催する採用といえば・・・)  http://job.yomiuri.co.jp/news/special/ne_sp_08072201.cfm  採用として私が企画運営した横浜FCとのスポーツビジネスもののインターンシップが記事になっていました ⇒そして現職へ 世界の底辺から這い上がり、苦痛の時期を経験し、今やっとこうして何とか生きています。 北米10都市を回って、NYマンハッタン、LA、などでも活動。 ※大学・大学院も全て飛び級