故郷に帰省して気付いた「かつて」のスタンス

圧縮キャリアが出来るまで
Sponsored Link

故郷に帰省して気付いた「かつて」のスタンス

元日から故郷に帰省して、新年会を催した。

新年会では久しぶりに声がかれた。
それほど大声で話して笑って歌った。

小中学一緒のメンバーとの再会。
中には保育所から一緒のメンバーもいる。

集まって馬鹿騒ぎしてた15年前と比べても相変わらずな騒ぎ方と、それでも各々の長年の変化の差に、ノスタルジーを感じた。

時間が戻ることはないけれど、何も恐くなかった頃を思い出せる場所があったことを改めて再確認できた。

集まると自然に当時の各々のポジションにはまるのが凄いなと思う

振り返ればずっと同じではなかったはずなのに、ずっと一緒だったような錯覚に陥る。

見た目は老けたけど、相変わらずだなーと。
Sponsored Link

カテゴリ

コンテンツ

名前:大垣伸悟
学歴:立命館大学→慶応義塾大学→東亜大学大学院
設立・運営しているリーグ:全国軟式野球リーグG-LEAGUE
開発したWEBアプリケーション:リアルタイム野球スコア管理システム
twitterJ_A_Y_G
own.jpg 16歳で単身渡米した後、アメリカプロ野球選手野球 http://azneyland.55street.net/baseball/history/2003.htm ⇒エージェント(野球選手時代の後半に並行して) ⇒教師(情報システム系) ⇒ソフトウェア製品企画開発(日本シェアbPの大企業向けERPパッケージ製品) ⇒人事 ⇒採用広報(ついに海外にまで採用活動進出。日本最大級のインターンシップを開催する採用といえば・・・)  http://job.yomiuri.co.jp/news/special/ne_sp_08072201.cfm  採用として私が企画運営した横浜FCとのスポーツビジネスもののインターンシップが記事になっていました ⇒そして現職へ 世界の底辺から這い上がり、苦痛の時期を経験し、今やっとこうして何とか生きています。 北米10都市を回って、NYマンハッタン、LA、などでも活動。 ※大学・大学院も全て飛び級